"スポンサーする" と "リクルートする"

ただ今、読み進めている1冊。 私、ネットワークビジネスには拒絶反応しない人です。(笑) アメリカでは、MLM(Multi Level Marketing)と言います。 日本では。。。ねずみ講?ってよく言われます(笑) ネットワーク = ねずみ講 ってイメージなんですかね? ネットワーク = ピラミッド構造 ってのも、一般的解釈かな? そうじゃないんですけどね。 この本によれば・・・ 真っ当なタイプのMLMは、 リクルート するのではなく。 スポンサー する。 の、だそうです。 これ、個人的にはすごく納得。 日本人に、すごくマッチする考え方、と思う。 普通の会社組織の方が、まさにピラミッド構造。 これも納得。 ホント。 仕事、との関わり方って、 もっとよく考えた方が良いと思う。 日本の場合特に。 いい高校に行って。 いい大学に行って。 いい会社に入って。 定年まで勤めあげ、あとは悠々自適に。 高度経済成長期にモデルとされた1つの生き方。 これは、選択肢としての1つの生き方、のはずなのに。 多くの人が、この生き方を良しとして追い求める。 それは21世紀になった今でも同じ。 変わらない…

続きを読む

詩人 尾崎豊

出典:www.musicman-net.com 最近、なんとなく息子が話題にされてるのと。 たまたま昨日CDをHDDに落としていたので。 尾崎豊、という人物について少し。 出生 : 1965年11月29日 没年 : 1992年 4月25日(享年26歳) 出身地: 東京都 血液型: B型 1965年生まれの彼は、自分から見ると、4つ先輩。 XJapanのYOSHIKI氏なんかと同い年。 シングル「15の夜」とアルバム『十七歳の地図』で、 センセーショナルにデビューを飾った尾崎豊さん。 破滅的で体当たりなパフォーマンス、 自己の内面を抉り出すような赤裸々な歌詞 真実の愛や夢、生きることの意味を追い求め、 学校や社会の不条理に立ち向かう心の叫び そんな彼の世界観が、1980年代から1990年代 初頭にかけての若者を中心に 多くの人の共感を 呼び、カリスマ的存在になりました。 自分が高校生の時に、カラオケでやたら流行り 自分たちの卒業の時にはもちろん“卒業”唄いました。 歌うときは絶叫(笑) 26歳という若さでこの世を去った尾崎豊さん。 当時、社会的にとても大きな衝撃を与えました。 死後20年以上が経つ今も、未だに尾崎さんを慕う声は強く、 楽曲も様々なアーティストにカバーされています。 そんな尾崎さん。 基本歌い手(シンガーソングライター)であり…

続きを読む

ユダヤの宿命⁈

本日購入。 国立の駅下に、小洒落た本屋さん発見(笑) もちろん、フラッと入ります! ユダヤのこういったテーマは、いつもワクワクドキドキする(^^) 根拠ないけど、陰謀は大方当たりだと思うし。 世界経済とか、金融支配とか、死の商人とか。 この国がアメリカ寄りなのは、ユダヤありき。 WGIPもユダヤありき。 あと2/3、読み進めてみよう(^^)

続きを読む

最近のコメント