【人は、何を求めて、何が欲しくて購買行動を起こすのか?】

4162229337_e1aabc54a4_b.jpg
今の時代、この日本ではモノがあふれ、
価格競争はいまだに激化しています。
経済も先が見えず、価格の高い低いで
人は群がります。

そんな中でも、安ければ売れる、という
保障も確実ではなくなってきています。

もちろん100均やドンキホーテなど、安さが
売りのお店の集客は大したものですけど・・・。

ちょっと高くても良い品物をチョイスする。
かなり高くても、必要と思えば購入する。

そんな層も、確実に存在しています。



では、その顧客は、何が欲しくてそれを買っているのか。

サプリが欲しくてサプリを買っているのか。
浄水器が欲しくて浄水器を買うのか。
化粧品が欲しい?
スタバのコーヒーが好き?

欲しいものは、体験や体感。
購入することで得られる結果にフォーカスされている?

サプリや浄水器が欲しいのではなく、
サプリを使い、キレイな水を飲むことで
健康になる自分が欲しいから。
化粧品が欲しいのではなく、綺麗になって
キラキラ輝いてる自分が欲しいから。
スタバのコーヒーが好きだからではなく、
くつろげるオシャレな空間でゆったりしたいから。


購入の先にある、自分にとって良い何か、
を手に入れるためにお金を払うんですね。

15838939830_16a146d5ff_b.jpg


これが理解できない、腑に落ちていないと、
営業ができない。→今の自分???(笑)
商品そのものにフォーカスするのではなく、
商品を含めた、自分の行動全般を俯瞰して捉え
イメージができなければ、モノは売れない。
だからこそ、ニーズ調査、コミュニケーションが重要に
なってくるんですね。



人は何を求めているのか。

本当に欲しいもの、潜在的に欲しているものとは
その先のライフスタイルやその時の気持ち、感情
なのでしょう。

その気持ち・感情を、少しだけ後押しすることができれば。



最近、そんなことをよく考えます。。。

この記事へのコメント

最近のコメント