"スポンサーする" と "リクルートする"



ただ今、読み進めている1冊。


私、ネットワークビジネスには拒絶反応しない人です。(笑)


アメリカでは、MLM(Multi Level Marketing)と言います。
日本では。。。ねずみ講?ってよく言われます(笑)





ネットワーク = ねずみ講



ってイメージなんですかね?





ネットワーク = ピラミッド構造



ってのも、一般的解釈かな?



そうじゃないんですけどね。



この本によれば・・・
真っ当なタイプのMLMは、

リクルート

するのではなく。


スポンサー

する。


の、だそうです。



これ、個人的にはすごく納得。



日本人に、すごくマッチする考え方、と思う。





普通の会社組織の方が、まさにピラミッド構造。

これも納得。





ホント。
仕事、との関わり方って、

もっとよく考えた方が良いと思う。



日本の場合特に。





いい高校に行って。
いい大学に行って。
いい会社に入って。
定年まで勤めあげ、あとは悠々自適に。


高度経済成長期にモデルとされた1つの生き方。

これは、選択肢としての1つの生き方、のはずなのに。
多くの人が、この生き方を良しとして追い求める。

それは21世紀になった今でも同じ。
変わらない子育てのスタンダードプラン。
安定した生活を手に入れるためのギフトであるかのように。



自分はサラリーマンになるのが嫌でした。

でも、実際。
学校を卒業して、社会人となる段階で
仕事として、選んだ職種はサラリーマンでした。

社会人になる前に持っていた夢は。
すべて、否定され。
安定した職に就きなさい、と大人に諭され。
丸め込まれたように、サラリーマンになりました。

唯一の抵抗は。
業種を自分の好みから外さなかったこと。

未練と言えば未練。

社会人を演じる中で、やはり違うなと。


そして今。
理解を深めるために、書を読みふけります(笑)

この記事へのコメント

最近のコメント