考える左脳と感じる右脳

Photo credit: TZA on Visual hunt / CC BY-NC 人間の力って、実はもの凄いモノで。 多くの人は、本来の能力をほとんど使えずに日々生きている、と言われます。 特に脳の力って偉大。 人の生きてる世界って、脳が作り出しているモノ。 その人その人が本当に思い描いたモノが、目の前に具現化しているだけ。 今ある現代社会も、多くの人がこれあったらいいな、こうなったらいいな、と思うことが現実になっているだけ。 そんな中、先日人生の先輩から貴重な言葉をいただきました。 ❝学校で、よく考えなさい、って言葉はよく聞かされたけど、もっと感じてみなさい、とは言われたことないよね❞ 確かに、記憶にないです。 義務教育、という場で。 高校という場で。 大学という場で。 所謂教育現場では、考えることが中心で。 感じる、ってことはなかったと記憶しています。 この、"考える"、"感じる"ってキーワードが、タイトルにつながるわけですが・・・。 日本の教育って、 【左脳のための教育】 なんですね。 知識を増やし、経験を積み、さまざまな事象に相対していく。 そんな力を養う教育。 これはこれで、もちろん必要なこと。 個人的には、日本の義務教育はハイレベルだと思っているし。 識字率等々考えれば、これだけの教育が受けられることはありがたいこと。 でも、それだけでよいかと問われれば…

続きを読む

音楽の力の源

Photo on Visualhunt 音楽のパワーって何だろう・・・。 音って、有史以前からも人間とかかわりの深いもの。 音楽、という体系にまとまる前。 ただ叫び、ただ何かを叩き、音を出す。 そんなところから始まったはずの音との関わり。 人間として、もっとも大切にしたいものの1つではないでしょうか? そして。 人類のもっとも古い職業のうちの一つが、歌い手、歌手だと言えるかもしれません。 あらゆる民族、部族にあらゆる楽器があり、音や歌はもっとも根本的な感情の表現で、 私たちをその声と歌唱力、発する音で感情を癒やされたり勇気づけたりしてきました。 現代では、音楽療法としても活用されてきた事実もあります。 なぜ、音を活用すると人生が変わるのか? その理由はいたってシンプル。 音は、細胞・脳・心・肉体にダイレクトに届き、 物質の周波数に直接影響を与えるから。 音は心理的な抵抗が生まれるまもなく、 細胞、脳(脳波)、筋肉、エネルギーに影響を与えるので、 反発を受けること無く、自分を変えることができる。 それは、音の正体が何なのか、に起因している。 音って、空気の振動だから。 直接私たちの身体に響くんです。 そこに、音楽の真の力って存在している。 そう信じて、音楽と向き合っている・・・。 Photo on VisualHunt

続きを読む

朝日新聞の責任

アパ元谷代表、朝日への広告やめる 慰安婦大誤報「国家的損失は天文学的」 | Share News Japan https://snjpn.net/archives/14803 朝日の経営陣は、本当に日本人なのか⁉️ 仮にも国内大手の新聞社である。一般大衆への影響力は、並大抵のものではない。 今どれだけの時間とお金と人員が、この慰安婦問題に注ぎ込まれているのか⁉️記事にするだけして、誤報を認めるだけで終われるのか⁉️自らが蒔いた種は責任を持って対処していただきたい。 全世界に対して、正確な情報の発信を行うべきでは。 森友・加計問題なんかよりも、優先度高いはず。 もし、やれない、やらない、できないのであれば、間違いを擁護する勢力、正確な情報が世界に知れるとマズい人間がこの日本に存在するということ。 正しい日本人であれば、朝日新聞読まないでしょ。契約破棄、でしょ。

続きを読む

最近のコメント